ドライブ

ガス欠、パンク

車でドライブに行ったときに起こりがちなトラブルのひとつとしては、ガス欠やパンクなどの車自体に関するトラブルがあります。

 

車も人間が造ったものですから絶対にトラブルや誤作動を起こさないとは言い切れませんし、使う人の使い方によってトラブルが起こりうる危険性は小さくなったりもすれば大きくなったりもします。

 

ドライブは近場であればまだしも遠くに出かけるとなると、当然その分のエネルギーが必要になるのでガソリンも多く消費することを意味しています。

 

予備のガソリンをポリタンクに入れることは法律で出来ないようになっていますが、専用のガソリン携行缶を使って予備のガソリンを運ぶことは可能なので呼びのガソリンを入れておくのも1つの手です。

 

ただし非常に気化しやすいので涼しいところにおいて、直射日光は絶対に避けましょう。

 

またパンクに関してはいわゆるテンパータイヤという黄色のホイールで凄く細いタイヤがトランクの中に積まれているのを見かけた人も多いでしょうが、それがパンクなどが起こった場合の予備のタイヤになります。

 

公道にはゴミや危険物が散乱しているため、思わぬところでパンクしてしまうことも良くありますので、予備のタイヤは必ず積んでおきましょう。

ガス欠、パンク関連エントリー

渋滞
ドライブを楽しもう!
ガス欠、パンク
ドライブを楽しもう!
事故
ドライブを楽しもう!
運転によるトラブル
ドライブを楽しもう!
山道の運転に気をつける
ドライブを楽しもう!
無意味なクラクションはトラブルのもと
ドライブを楽しもう!
酔い止めを用意する
ドライブを楽しもう!
タイヤの状態をみておく
ドライブを楽しもう!
ガソリンのチェックをしておく
ドライブを楽しもう!
居眠り運転に気をつける
ドライブを楽しもう!